人生のスパイスはこれ!

娯楽は人それぞれ

楽しみは人それぞれにあり、同じことを行っても、楽しいと感じるのは人それそれぞれです。
自分が行って楽しいと思うことでも、ほかの人がやってみて、自分がお香ほど楽しいと思わないことも多数あることも事実です。
競輪競馬を娯楽ととらえ、楽しんで行うことができる人と、競輪競馬に行くことで、あまり気持ちがさっぱりしないという人も多くいるかもしれません。
お金を使ってしまうという罪悪感にとらわれてしまう人は娯楽とは考えられないでしょう。
お菓子をたくさん食べながら部屋でテレビを見ていることを娯楽ととらえる人は、それが最高の娯楽であると考えるでしょうけれど、外出し気分転換をしたいというタイプにとっては、休みの日に部屋にずっといるということは娯楽とは考えられないでしょう。
このように人によって、娯楽の種類は違うし、楽しめて娯楽と呼べるかどうかは、その人の価値観が決めるものです。
人は娯楽があるから、仕事などのやるべきことをこなしていくことができるのです。
仕事等の原動力となっています。
つらいことがあっても、楽しみがあると思うだけで、頑張ることができ、目標を持つことができるのです。
娯楽があるから仕事がすすむし、やる気にもなるのです。